学生が現金化を利用できないのは支払い能力が低いためトラブルになることがあるからです。

MENU

学生でも利用できる?

クレジットカード現金化の利用規約に学生不可の明記はありません。
しかし、満20歳未満の未成年者はあんしんクレジットを含めて多くのクレジットカード現金化業者で利用できません。

 

クレジットカードは18歳以上であれば発行可能で、大学生や専門学生、短大生など未成年の学生からの需要があります。
新規発行する際も未成年者は親権者の同意を求められます。
学生でも20歳以上であれば、カード発行から現金化まで大きな弊害はありません。

 

学生の問題点

 

20歳以上の年齢制限をクリアすれば、社会人と比べて現金化のスペックや利用条件に違いはありません。
しかし、学生だとクレジットカードのショッピング枠が低くなってしまう欠点があります。

 

一般的には学生でバイトなど限られた収入しかないと、初期設定の限度額は30万円前後で、利用後の増額審査も通りにくいです。
普段からカード決済を利用している人は、ショッピング枠の残額に注意しましょう。
学生の多くは携帯代など最低限の支払いによる月々の使用額は10万円未満です。

 

しかし、分割払いやリボ払いを活用していると月々の決済額が少なくても、残高に応じて限度額が少なくなっています。
1回払いしか利用しない人であれば、学生が必要にする資金調達で大体のことは対処できます。

 

未成年者が利用できない理由

 

18歳未満禁止マーク

あんしんクレジットではコラムで未成年者が利用できない理由を解説しています。
要点をまとめると、未成年者は親権者が保証人になってカード発行していることが多く、収入が少ないため支払い遅延を起こして親権者に請求が行くことが多いです。
返済遅延と親権者への弁済請求を通じてクレジットカード現金化を活用したことばバレてしまい、親から現金化業者にクレームの行くことがあります。

 

あんしんクレジットのような優良業者は少ない手数料で薄利多売の運営をしているので、少額利用かつクレームリスクの高い未成年者への対応は採算が合わないと判断しています。
一部では未成年者にも対応している業者がありますが、高額な手数料を取っている悪徳業者の可能性があるので慎重に検討してください。

 

あんしんクレジットコラム「未成年者でもクレジットカード現金化できる!?現金化業者に聞いてみました」
https://www.anshincredit.com/content.php?page=14427645315bbdbd6cab6b7

 

未成年を隠して利用することは可能?

 

あんしんクレジットの申込フォームでは年齢を入力する項目がありません。
申告しなければバレないと思う方がいるかもしれないですが、初回利用時には身分証明書の提出が必須なので、そこでバレてしまいます。
ちなみにクレジットカード現金化には買取方式とキャッシュバック方式があり、あんしんクレジットはキャッシュバック方式です。

 

買取方式の場合は古物法(古物営業法)によって身分証提出の義務化と未成年者は親権者の同意を取ることを義務付けられています。
キャッシュバック方式は業者の自主規制によって身分証提出を求めています。
一部の身分証提出不要業者を利用すれば、未成年者であることを隠してクレジットカード現金化を利用できます。(そもそも身分証提出不要業者は未成年者を禁止にしていないことが多い)

 

あんしんクレジットはシビアで柔軟性のない対応をしているように思うかもしれないですが、最低限の安全管理を行うことによって、クレームを回避して薄利多売の好条件によるクレジットカード現金化を実現しています。